恋愛テクニック

女性に好きと伝えなきゃ始まらない

今回は『これができれば他の男たちと1歩差をつけれる』そういった内容の話をします。

テーマはズバリ、女性に好きと伝えること。

告白のタイミングなんて待っててもこない

漫画なんかでよくこんなシーンがあります。

主人公の男がヒロインのことを好きだけど告白するタイミングがなくてモヤモヤしたまま日常を過ごす。

しかし何かしらのイベント(花火大会や大雨、学校行事などなど)でたまたまヒロインと二人きりになり、話しているうちに良い雰囲気になる。

そこで主人公が勇気を振り絞って告白。

めでたしめでたし

はい、私たち日本人は小さなころからこういった告白のシーンを漫画やアニメ、ドラマや映画で繰り返し見るため女性に好きと伝えるのは、なんらかの奇跡が起きたとしか思えない最高にお膳立てされた状況でするものと考えがちです。

しかし現実でこんな「おいしい」状況にはまずならないですよね?

花火大会で告白しようとしても周りに人がいすぎてロマンチックな場所なんてまず見つからないですし、好きな子と二人でいるときに大雨が降ってもたいていどちらかが傘を持っています。

何が言いたいかというと「告白のタイミングなんて待ってても来ない」ということです。

基本的に好意を伝えるのは男の役目

そもそもなんですが、女性と男女の仲になりたければ、どこかのタイミングで好意を伝える必要があります。

恋人になるにしろ、一夜限りの関係にしろ好きと伝えないと始まらないんです。

近所の人とするような世間話をしたままラブホテルに入っていくとか不自然ですよね?

なのになぜか最近の人は

●好きと相手に伝えていないのになんとか恋人になろうとする
(またはホテルに誘おうとする)

●一生来ないであろう完璧な告白のタイミングを待ち続ける

このどちらかの人がとても多いです。

やっぱり好きと伝えて断られるのが怖いんですかね。

「女性から好きと言われるのを待っています」という男性もいるんですが、男性の方から好きと伝えて下さい。

これが日本特有なのか外国もなのかは分かりませんが、女性は自分から好意を伝えることを嫌います。

感覚的に自分から先に男に告白する女性は10人いて1人くらいじゃないですかね。

あとの9人はどれだけ相手のことが好きでも男から告白してくるのを待っています。

この事実を知っておかないと、十分仲良くなって女性の方もあなたのことをアリだと思っているのにあなたが好きと伝えないせいで最後までイケないという残念な結果になってしまいます。

「基本的に好意を伝えるのは男の役目」

だと覚えておきましょう。

世の中には女性に好きと伝えられる男が少ないので、女性に好意を伝えられるようになれば、その他大勢の男をごぼう抜きできますよ。

好意は軽めに伝えるのがコツ

女性に好意を伝えると言うと真剣に考えて「ちょっと大事な話があるんだけど」とか言っちゃう男性がいますけどやめてください。

重いです。

いくら女性側があなたのことをアリだなと思っていても、真剣に告白なんかされたら、そこまで重いのはちょっと…と引いてしまいます。

結婚を前提にとかならまだしも付き合ったりホテルに誘うくらいならもっと軽い感じでいいんです。

「ん~やっぱ可愛いな、俺惚れちゃいそうだわw」

「まずはお試しで1ヶ月付き合ってみよっか?」

「〇〇ちゃんと二人で歩いてるだけで幸せだわ」

「なんか〇〇ちゃんと話してるとドキドキする」

この例は今考えたのでけっこう雑ですが、本当にこんな感じでいいです。

相手のことが好きという気持ちは伝わりますけどそこまで重くないですよね?

冗談にも聞こえますので女性も流しやすいですし、食いつきがあれば向こうから話に乗ってきます。

こういう風に軽めの好意をデート中に小出しにしていきます。

話題が途切れたタイミングで言っていたり歩いてるときに言ってみたり。

冗談ぽい言い方でも何度か繰り返し言っていると、女性の方も本気だと気づいてくれるので真剣に告白したりするよりよほどリスクが少ないんですね。

軽めに好きと伝えてみて女性の反応が良いようならそこから手をつなぐなど一歩踏み込んでみたり、「さっきから冗談ぽく言ってるけど本気なんだよ?」なんて聞いてみるのもいいですね。

ホテルに誘うのも、いきなり誘うより先に軽くでも好きと伝えておく方が女性の心の準備も整います。

逆に冗談ぽく言ってみて女性の反応が悪いようなら、その日は攻めずに何もせず帰るべきという基準にもなりますので軽めに好意を伝えてみるというのはかなり便利です。

今回の話のまとめ

今回の話をサラッとまとめておきます。

女性と男女の仲になりたければ、まずは好意を伝えることが必要。

しかし、基本的に女性から告白してくることはなく告白するのに完璧なタイミングなんてものは訪れないので男が勇気をもって女性に好きと伝えなければならない。

好意は軽めに伝えるのがコツ。

デート中に何回かに分けて言うのがオススメ。

好意を軽めに伝えてみて女性の反応が良いようなら少し真剣な雰囲気を出して踏み込んでみればいいし、反応が悪いようならその日は引くのが正解。

サイト名会員数登録料運営年数インターネット異性紹介事業届出番号
1400万人以上無料2002年〜東京都公安委員会認定番号:30120128010
2000万人以上無料2002年〜福岡公安委員会認定番号:90080003000
1300万人以上無料2000年〜兵庫公安委員会認定番号:63080004000
600万人以上無料2000年〜福岡公安委員会認定番号:90080006000
1400万人以上無料2000年〜東京都公安委員会認定番号:30120128001

-恋愛テクニック

Copyright© みんなの出会い系体験談 , 2020 All Rights Reserved.