恋愛テクニック

合コンやコンパでモテる方法!強いオスを目指せ

大学生や社会人にもなると、合コンやコンパに行く機会が多くなってくると思いますが…

どうせならモテたくないですか?

実は合コンやコンパでモテるには、普通とは違う考え方が必要なのです。

ちょっとしたことを意識するだけで女の子の視線を集められますよ。

1対1でモテる男と合コンでモテる男

少し話は逸れますが、世の中には

●女性と1対1で話せばモテる男

●合コンやコンパ、もっと言えば学校のクラスや会社でモテる男

の2種類がいます。

 

女性と1対1で話せばモテる男というのは、ホストやナンパ師、ヤリチン、ヒモ、遊び人などが該当します。

合コンやコンパ、学校のクラスや会社でモテる男というのは具体的な例は出しにくいのですが、

サークルの人気者、リーダーシップがある人、人望がある人、番長的存在、トーク力がある人、ヤンキーなどが該当します。

まあ高校時代のクラスの人気者を想像してもらえれば分かりやすいでしょう。

1対1でモテる男は女性の扱いが上手い

まだ本題にはいきませんが、我慢して付いてきてくださいね。

女性と1対1で話せばモテる男、ホストやナンパ師、ヤリチン、ヒモ、遊び人ですね。

この人たちは本当の意味でモテる人です。

外見に気を使い、女性を楽しませ、場合によってはお金まで貢がせてしまう。

女の子に受けのよい立ち振る舞いや口説き方を知っている、ある意味女の子にモテることに人生をかけているとも言える人たちですね。

しかし、合コンでコンパやモテるためにはホストやナンパ師といった人達を参考にしてもあまり意味がないのです。

それは合コンやコンパなどの男女が複数人いる場所では、男女が1対1のときとは違ったルールでモテる男が決められるからなんですね。

合コンやコンパでは地位の高い男(ボス)がモテる

ようやく本題です。

合コンやコンパでモテる男はどのようにして決められるのか?

モテるのは一言でいうと地位の高い男(ボス)です。

例えば、男女3対3で合コンをしているとしましょう。

この場にはあなたの他に男が2人いるわけです。

で、少し考えてほしいのですがこの場にいる男3人の中にも上下関係ってありますよね?

普段は仲が良くて対等な友達として付きあっている3人だけど、何か大事なことを決めるときはAさんの意見に従う、みたいなのあるじゃないですか?

要は仕切っているやつですね。

で、今回合コンにきている男女6人を一つの群れと見た場合、この群れのリーダーは男3人の中で仕切っている奴なわけです。

群れにいる3人の男の中で一番強い男がボスなんですね。

結論として合コンやコンパでは、このボスがモテます。

単純な話で、その場にいる男の中で力関係が一番上の男がモテるようになっているんですね。

イケメンだったり女性を口説くのが上手くても、群れのボスにならなければモテないということです。

この群れのボス(リーダー)がモテるというのは、皆さん学生時代に散々経験してますよね?

たいしてカッコよくもなく運動神経がいいわけでもないけど、授業中にアホなことを言ってみんなを笑わせるやつが女子に人気があったり。

同級生に暴力をふるいまくって、男子にはめちゃくちゃ嫌われているヤンキーになぜか可愛い彼女がいたり。

文化祭のクラスの出し物を準備するときに、クラスを仕切っていた男がなぜか文化祭の後になって女子に人気がでていたり。

こういった男がモテるのは、クラスの女子がその男をクラスのリーダー(ボス)と認めたからです。

だからその男自身の魅力に関係なく、クラスのリーダーと認められたことによって、その男はモテていたわけですね。

ちなみにこういう男はクラスが変わったり、転校したりすると、とたんにモテなくなります。

元々その男自身の魅力で女子に人気があったわけではないですからね。

学校のクラスに比べると、人数の規模は小さいですが、合コンやコンパでも同じことが起きていると考えてください。

女性陣は無意識のうちに男性陣の中で一番強いオスを見抜き、その男をリーダー(ボス)と認めて、その男にチヤホヤするのです。

強いオスがモテるのは人間も動物も同じ

この群れのリーダー(ボス)がモテる現象というのは、人間だけでなく動物にも見られます。

代表的な所だとサルやライオンがそうですね。

サルやライオンの群れでも人間同様に、群れで一番強いオスがリーダーとなります。

群れのリーダーにはたくさんのメスが寄ってくるので、交尾する相手に困ることはないのです。

しかし他のオス、特に群れの中で力関係が下の方のオスにはメスが寄ってくることもなく、群れのボスのオスにビクビクしながら生きることになります。

人間の合コンや、学校のクラスなんかとまったく同じですね。

人間も結局は動物ということです。

合コンやコンパでモテるにはどうすればいい?

さてここまでを踏まえて、どうすれば合コンやコンパでモテるのかですね。

今までの話からすると、一緒に合コンに来ているメンバーの中で、あなたが一番強いオスになればいいという話なんですが、私たちは人間なので殴り合いを始めるわけにもいきません。

なので、

合コンに来ている女の子たちにあなたが男性陣の中のリーダー的存在だと誤解させましょう。

人間の世界は殴り合いで一番強いオスを決めるのではなく、会話やコミュニケーションで一番強いオスが決まります。

なので、あなたが群れのリーダーっぽいコミュニケーションを取れば、女の子はあなたが一番強いオスと勘違いし、モテるのです。

群れのリーダーっぽいコミュニケーションというのは要するに、場を仕切るということですね。

簡単なところだと、お店には一番先にあなたが入り店員さんと会話するだとか、全員の料理を注文してあげるだとかです。

合コンやコンパの幹事をすれば、この辺りは自動的にやらされるわけですが、もし誰も幹事に行かないようであれば、率先してやるといいでしょう。

場を仕切れる幹事というのは、なかなかおいしいポジションです。

これだけではさすがにモテることはないので、もう少しこざかしいテクニックを使っていきましょう。

合コンでの会話をコントロールします。

お店に入ってすぐは男女どちらもよそよそしく、会話も始まりにくいと思うのですが、そこであなたが切り込んでいきます。

「じゃあとりあえずビールでも頼む?」

「まずは自己紹介しよっか!」

こんな感じでみんなの注目を集めましょう。

その場を仕切っているリーダー感が出せればOKです。

ここからもどんどん場をコントロールしていきましょう。

あまり会話が盛り上がっていないようなら、あなた自身のエピソードなんかを語った後などに

「○○ちゃんはお酒強そうだよね?」

と言う風に女性陣に話題を振ったり、誰かが楽しそうに自分のことを語りだしたら、

「それってどういうこと?」

と会話に相槌を打ってあげたりします。

合コンの司会をやっていると考えればいいでしょう。

一番ダメなのが黙ってしまうこと。

司会をやっているという意識でいいのですが、定期的に自分の話を入れたり話題を変えたりしてあなたの存在感をアピールしましょう。

男性陣の中であなたが一番目立つ存在でいられればOKです。

出しゃばりすぎは要注意

合コンやコンパで目立とうとすると必ず陥ってしまうのが、出しゃばりすぎてしまうことです。

男性陣の中のリーダー的存在でいようと思うならば、それなりに自分の話をして存在感をアピールしなければならないのですが、

自分の話ばかりしたり、人が話しているのに強引に話題を変えたりすると嫌われてしまいますね。

あくまで自然に男性陣の中でボス的存在になれるといいのですが、ただ出しゃばっているだけの奴を女性はボスと認めません。

他にもサークルの先輩や会社の上司と合コンに行くときは、自分が一番目立つわけにはいかないですよね?

今後のことも考えてどうしても先輩を立てなければいけないと思います。

そういうときは男性陣の中でナンバー2を目指しましょう。

リーダー(ボス)は先輩に譲り、自分はナンバー2のポジションに居座るようにするのです。

合コンで一番上の男がモテるのは当然ですが、ナンバー2に入ることができれば、まだまだチャンスはあります。

あなたのトークや合コン後のフォロー次第では十分女の子をGETすることができるので、こういうときはおとなしく先輩においしいところを譲ってください。

合コンやコンパより1対1の出会いの方が簡単

ここまで合コンやコンパでモテる方法について書いてきましたが、私個人の考え方としては、1対1の出会いの方が断然楽です。

やはり他の男性との力関係などを意識せずに、目の前の女性に集中できますからね。

このサイトでは主に男女の1対1の出会いとしては一番簡単な、出会い系サイトをつかった彼女の作り方、セフレの作り方などを解説していますので

合コンやコンパで結果が出ないなと思ったら、出会い系サイトにもチャレンジしてみてください。

サイト名会員数登録料運営年数インターネット異性紹介事業届出番号
1400万人以上無料2002年〜東京都公安委員会認定番号:30120128010
2000万人以上無料2002年〜福岡公安委員会認定番号:90080003000
1300万人以上無料2000年〜兵庫公安委員会認定番号:63080004000
600万人以上無料2000年〜福岡公安委員会認定番号:90080006000
1400万人以上無料2000年〜東京都公安委員会認定番号:30120128001

-恋愛テクニック

Copyright© みんなの出会い系体験談 , 2020 All Rights Reserved.